鐘ついて春の寒さを払ひけり

倉敷市の安養寺での句、朝は寒かったなあ、大きな鐘の音に身体の底のほうがぶるぶるっとして、とたんに寒さが逃げていったような気がしました。紅を通り越した黒のような色の椿がきれいでした。それと鶯の正調のホーホケキョの声も見事でした。鶯の鳴き声にも訛りがあることに気づいたのがこの日でした、、、。(2010年春詠)

「鐘ついて春の寒さを払ひけり」への4件のフィードバック

  1. 昨日のローカルTVでうぐいすの初音の話題が出ていました。
    例年に比べると5日位早いとの事でしたが、もう少し早い時点で誰からだったか忘れましたがうぐいすの声を聞いたとの話が有りました。
    いずれにしても春近しの話題は楽しいですね。
    梅は今を盛りと咲いています、桜はいつになるのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です