駅頭に春のときめきあふれけり

もう少し春浅い頃だったろうか、岡山駅東口での句。三月の駅には別れもあるが出会いもある。そして旅立ちも。そんなものがごちゃ混ぜになって、駅頭にあふれ出す、、、。(2013年春詠)

「駅頭に春のときめきあふれけり」への2件のフィードバック

  1. 実家を出て四国に渡ったのはもう44年前になります。
    何を感じ何を思って海を渡ったのか?
    何かは感じ何かは思ったはずだけど・・・。
    忘却。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です