どの顔も笑顔の地蔵曼珠沙華

吉備中央町本宮山円城寺での句です。道の駅「かもがわ円城」から反対側に少し入ったところにあります。715年開基とありますからずいぶん古いお寺です。岸田吟香が志を立てて初めて東京へ出る前に立ち寄って書いたという落書きがあります。岸田吟香はご存じなくても岸田劉生の麗子像ならご存知でしょう。岸田劉生の父上が岸田吟香です。余談ですが、吟香は美咲町の「たまごかけごはん」の創始者だそうです、、、。(2011年秋詠)

「どの顔も笑顔の地蔵曼珠沙華」への2件のフィードバック

  1. 岸田劉生のルーツが岡山県とは知りませんでしたし、吟香も知りませんでした。
    岸田劉生の麗子像は何作も有るそうですが、広島のウッドワンという会社が以前落札して山の中の美術館に展示されたので見に行きました。
    ベストだったかカーディガンだったか?毛糸の質感がしっかり表現されていて驚いた記憶が有ります。
    美咲町はたまごかけごはんで町おこしですか、これも知りませんでした。
    最近はめったに食べる事がないたまごかけごはんですが、たまに無性に食べたくなることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です