畦道の行き合ふところ桜蓼

9月28日に書いた桜蓼の句、老釣師にその所在を聞けば、「そこの下の草の中にちょっとだけあるけどなあ、この辺じゃあ滅多に見んなあ」と大事そうに教えてくれた。それから散歩の度に気をつけて探してみたが、確かに教えてくれた場所以外に見つからない。すっかりあきらめていた頃、ふと目をやった自宅の近くの刈入が終わった田圃の畦道の所に、、、。(2013年秋詠)

「畦道の行き合ふところ桜蓼」への4件のフィードバック

  1. 桜蓼、見た事有るのかな?
    あまり記憶に有りません、田舎でも咲いていましたか?
    俳句をやっていると植物学者にもなれそうですね。

  2. 牛二さんは動物にも植物にも詳しいですよね。そうそう、先日の句会では、PCや県立図書館の貴重な情報をありがとうございました。
    どこで見かけたのか忘れましたが、初めて桜蓼を見たとき、つぶつぶだけの蓼がきまぐれに花を咲かせたようで、とても可憐だと思いました。いやあ、老釣師と桜蓼の話をするなんて詩ですよ、詩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です