五日目となる箱住い冬の雨

四国で二ヶ月間を過ごしたのは三年前、掲句は五日目だから十二月五日、ビジネスホテルの狭い部屋へ帰ったときの句です。早いものですね、職場の解散パーティーからもう三年が経ってしまいました。先日「久しぶりに元のメンバーで・・・」と声をかけていただいて、忘年会に行ってきました。何はともあれ、皆さん元気で逞しく、久しぶりに全員の顔が揃って、こんなうれしい事はありませんでした。一年後、二年後、また同じ元気な顔が見たいものです、、、。(2011年冬詠)

「五日目となる箱住い冬の雨」への2件のフィードバック

  1. 出張でいろいろなビジネスホテルに泊まったけれど、一番印象に残っている部屋は大阪梅田の某ホテルの一室です。
    増築に次ぐ増築を重ねた様で部屋への道はまるで迷路、窓一つ無い部屋はドアを閉めるとまさに真っ暗になりこれで火事にでもなったら気付かぬうちに焼け死ぬのではと思ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です