極月の禰宜の拍手遠くまで

たぶんあの音が出るまでには何万回もの練習があったのだろうと思わせる拍手の音が遠くまで響いて来た。ことさら強く聞こえたのは、たぶん数日後に控えた新年への決意と言うか、初詣の人出に対する覚悟と言うか、そういうものが入り混じっているからだろう。どうやったらああいう音が出るのだろう?普段拍手を打つなんて事のない私なんか、たまたま賽銭をあげて拍手を打とうものなら、いつもスカスカの音ばかりです。投資が足りないのかなあ、、、。(2011年冬詠)

「極月の禰宜の拍手遠くまで」への1件のフィードバック

  1. その道に精進されている方は何事も一味違うと言う事ですね。
    田舎のお寺さんのお経も声が反響する様な独特の響きでありがたさが増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です