寒林の樵無口なやさ男

滅多に買うものじゃあない洗濯機を十七年ぶりに買いました。たかが洗濯機と思って買った十七年前に、それまでのグルグル回るだけと思っていた動きが変わっているのに驚いた記憶があります。だから今回もそれが楽しみで、上部の窓から眺めていたのですが、面白いですね。実に複雑な細かい動きをしていて、見ていて飽きないのです。しかし、老年の男がじっと洗濯機を覗いている図なんて、あまり見られたものではありませんね、、、。(2013年冬詠)

「寒林の樵無口なやさ男」への1件のフィードバック

  1. 結婚後最初に洗濯機を買い替えた時にぐるぐる回ると思っていたものが、ぐぐっぐぐっと揺れるように動いて回らないので故障かと思った記憶がよみがえって来ました。
    新しい洗濯機の複雑な動きとはどんなものなのか?
    いずれ確かめる時が来ると思いますが、今しばらくは故障しそうに有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です