降りだして蜘蛛の囲の蜘蛛ゆれ始む

面白いことを発見したと、こんな句にしてみました。大きなクモの巣の中央で動かないクモを見ていたら、雨が降り出したとたんに自分で巣をゆすりだしたのです。それも相当大きく、ユッサユッサといった感じで。これに何の意味があるのか分からないのですが、新発見、、、!(2014年夏詠)

「降りだして蜘蛛の囲の蜘蛛ゆれ始む」への4件のフィードバック

  1. 面白い事を発見しましたね。
    蜘蛛の研究をしている人にとっては当たり前な事なのでしょうか?
    もしかしたら大発見かも知れませんよ。

  2. 面白い行動ですね。雨粒を振り落とそうとしているのでしょうか?雨粒だらけの硝子細工のような蜘蛛の巣も見かけますけどね。神経質な蜘蛛かしら?
    正確には<蜘蛛の囲を蜘蛛ゆすり初む>かしらん?

    1. 昨日はお世話になりました。
      最初の印象で<蜘蛛の囲の蜘蛛ゆれ始む>としましたが、確かに正確にはそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です