躓けば「阿房」とカラス秋の暮

どの鳥もそうですが、見ていないようで見ているのです。ああタイミングよく鳴かれたら、たまったもんじゃあない、、、。(2014年秋詠)

「躓けば「阿房」とカラス秋の暮」への4件のフィードバック

  1. 「阿呆」というと岡山県出身の内田百閒の「阿呆列車」を思い出します。
    思い出すといっても名前を知っているだけで読んだ事は有りません。
    牛二さんは読んだ事有りますか?

    1. 内田百閒は好きでいろいろ読みましたが、肝心の「阿房列車」は記憶に無いのです。
      たぶん阿房だから忘れたのかも、、、。
      百閒には句集もあります。

  2. カラスは人の顔を覚えているような気がします。そしてカラスの嫌いタイプがあるのではないかと思います。ある場所に私が行くと、カラスが寄ってきてわめき立てます。そして、しばらくすると嘴で木の枝を折って、落とし始めるのです。「あっちへ行け」と言ってるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です