赤青のカヌーの干され水の秋

電話に気をとられたお婆さんが桃太郎の桃を拾い損ねるという携帯電話のCMが流れて奥津渓を訪れる人が増えたそうです。とすると、今年の秋は人が多いだろうなあ、なんて考えています。掲句はその手前、奥津湖(ダム湖)に併設の施設水の郷での句です。小高い位置からダム湖が見渡せます。ダム湖に下りる遊歩道もあり、数年前からカヌーを見るようになりました。干されたカヌーのカラフルな色が、周囲の秋を映したダム湖によく合います、、、。(2014年秋詠)

「赤青のカヌーの干され水の秋」への4件のフィードバック

  1. 先日、鞆の浦沖の仙酔島へ行って来ました。
    宿泊した次の朝、いつもの様に散歩替わりのジョギングに出かけましたが、その時穏やかな入り江の近くに数隻の色鮮やかなシーカヤックが干されていました。
    あの穏やかな波の上にシーカヤックを浮かべて乗ってみたいなと思わせる波静かな入り江は夏には賑やかな声が響く事でしょう。

    1. 是非どうぞ。今日水の郷まで行ってみました。
      良い天気で唐辛子と山椒の実が干してありました。
      NHKの取材が入っていましたので、今日のニュースの話題になるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です