蛇死して影焼き付けるアスファルト

朝の散歩に出ると、夜の間に轢死した蛇によく出会う。たぶん夜も残るアスファルトの温みを求めて路上に出ていて被害にあうのだろう。トラックのような大きなタイヤにまともに轢かれると、まるで煎餅のようになってしまう。よくしたもので、その煎餅が次にそこを通りかかる頃には、烏かトンビか、あるいは狐か、綺麗に処分してアスファルトには影だけが残っている、、、。(2015年夏詠)

「蛇死して影焼き付けるアスファルト」への6件のフィードバック

  1. 蛇せんべい、えびせんとは違ってさすがに食指が動きそうに有りません。
    食いしん坊の発想でした(笑)

  2. 朝500〜1000メートルぐらいだけど、ジョギングします。
    行きにはあったものが、なくなってたり、カラスが寄り集まっていたり。この時期良く見かけますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です