夏帽の庇大きく田に動く

昔はそこらじゅうで見かけた風景ですが、少なくなりましたね。農薬の進歩なのでしょうか。それでも熱心な方は田んぼに入られています。手入れの行き届いた青々とした風景は気持ちのよいものですね。(1999年夏詠)

「夏帽の庇大きく田に動く」への2件のフィードバック

  1. 親父が田に行く時は、麦わら帽子に手ぬぐい、古くなったカッターシャツに長ズボンという格好でした。カッターシャツを着る所に兼業農家らしさが見えていたように思います。
    それにしても田植えや草取り等大変な努力が有ってお米や野菜が採れて自分たちが育てられたと今になってありがたく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です