降りさうで降らぬ田植の空であり

昔のように多くの人が出ての田植風景は無くなりましたが、それでも昨日の日曜日は一日中トラクターや田植機のエンジン音が響いて賑やかでした。昨日は晴れて暑い日でしたが、遠近に動く田植機の風景には曇り空がよく似合います。それも今にも降りそうな深曇りの空、、、。(2016年夏詠)

「降りさうで降らぬ田植の空であり」への2件のフィードバック

  1. 雨が無いと水が枯れて田植えも出来ませんが、雨降りの田植えではこれも困ります。
    確かに曇り空位の方が田植えは良さそうですね。
    泥を踏む足の感触、蛭にやられた事、だるい腰、背伸び・・・、思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です