特養の門広くあけ冬日和

近くで一番大きな建物がこの特別養護老人ホーム、天気が良いと入所者を車椅子で連れ出して日光浴をさせる姿をよく見かける。広い敷地の一角に柵で囲ったところがあり、時々大型犬が放たれている。短期の入所者の飼い犬で、家に面倒を見る人がいないからと一緒に入所しているらしい。いつも退屈そうにしていて、通ると寄って来て柵に足をかけ、うちの犬を羨ましそうに見る。また何日かするといなくなるのは、たぶんご主人と一緒に家に帰ったからだろうと、、、。(2016年冬詠)

「特養の門広くあけ冬日和」への2件のフィードバック

  1. 特養の犬が寄って来るのは牛二さんが犬好きだからでしょうね。
    走る知り合いがたまに犬を連れて来る事が有ります。
    私には寄って来ずに犬好きのUさんめがけて走って来ます。
    犬好きのUさんはわんちゃんを転がしたりあやしたりとさすがのスキンシップ、犬は犬好きがすぐ分かるのですね。不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です