冬暁まづ川筋の光持ち

所用があるのでその前にと、暗いうちから犬を散歩に連れ出すと、こんな感じで夜明がやって来ます。冬の川沿いの道は寒い、、、。(2016年冬詠)

「冬暁まづ川筋の光持ち」への2件のフィードバック

  1. 最近は朝ランから昼間のランに変えたので出会いませんが、暗かった空がだんだんと開けて行く様子を見ていると、枕草子の「春は あけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」を思い出します。
    もう少し明るくなった時の青い空とピンクに染まった雲の様は優しい色合いで好みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です