山藤のにほひ天より降るごとし

参道を歩いているとどこからか藤の匂いがしてくる。どこから匂ってくるのだろうと周囲を見渡すと、鬱蒼と茂った参道脇の高木の、そのまた上に青空と一緒に藤の花が見える。まるで天に花が咲いているようだ。倉敷阿知神社にて、、、。(2017年春詠)

「山藤のにほひ天より降るごとし」への2件のフィードバック

  1. ずいぶんと大きな藤の木なのですね。
    広島平和公園の藤棚も見事な枝ぶりでした。
    その横の川面を行く遊覧船の名は「さくら」、藤と桜の共演でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です