うたたねの父のおとろへ春時雨

今日3月18日は父の命日。年末に入院、肺炎ということなのに一向に良くならない、おかしいなと思っているうちに病院から呼び出し、肺癌で余命一ヶ月と告げられた。掲句はその一ヶ月目ぐらいの頃の句。まだ差し迫った感じはなかったが、痛み止めの薬のせいか無防備に眠る父を見るのは辛かった。病室の明るい窓を春時雨が打っていた。(2003年春詠)

「うたたねの父のおとろへ春時雨」への2件のフィードバック

  1. 素晴らしいHPの開設万歳!
    ゆっくり見させていただきます。

    うたたねの父のおとろへ春時雨
    ご尊父への温かい思いやりがうかがわれて心打ちます。 合掌

    私の父は夏至に日に逝きましたが、海外駐在中で看取れませんでした。
    最後に「また来るね」と言ったままになっているのが心残りのままです。
    いくつか父の句を作りましたが、これぞと言う句にまだなっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です