店奥にこちら見る顔秋深し

某商店街吟行での句。平日の午前中ともなれば客の少ないのは致し方ないのだろう。店の灯りも少なめ、その奥のほうからこちらを見ているご主人らしき顔と目が合った。見れば客ではないのは分かるだろうが、多少は期待しているらしい心がその表情に見て取れた、、、。(2017年秋詠)

「店奥にこちら見る顔秋深し」への2件のフィードバック

  1. ご存知の方のお店ですか?
    それとも猫ちゃんでも顔を覗けていましたか?
    もう晩秋なのですね。
    朝は冷えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です