鹿鳴くや表書院に上下の間

<児島・野崎邸吟行>の注釈を付けておこう。とてつもない広さのお屋敷の玄関脇にある表書院、上の間と下の間があり、庭から見える位置に鹿の絵の衝立が飾られていた。おりしも季節は秋、昔であれば本物の鹿の声が聞こえたかもしれないと思わせるほどのお屋敷だった、、、。(2017年秋詠)

「鹿鳴くや表書院に上下の間」への2件のフィードバック

  1. 旧矢掛本陣の篤姫が泊まられたという建物にも上段の間なるものが有りました。
    あちらは行かれた事が有りますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です