銀杏散る下に佇む小ささよ

近所にあった廃屋の裏に大きな銀杏の木がありました。この地に住みだした頃にはまだ若木でしたが三十年経って立派な大木になっていました。それが今年は廃屋の解体と一緒に切られてしまって、ちょっと寂しい空になってしまいました、、、。(2017年冬詠)

「銀杏散る下に佇む小ささよ」への2件のフィードバック

  1. もう30年ですか、あっという間の様ですね。
    総門橋の近くに有った銀杏の木が無くなったのはいつだったのでしょう?
    大きな木が無くなると寂しさを感じるでしょうね。
    半面、空は大きく感じられる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です