樹には樹の熱あり冬の来たりけり

落葉の終わった枯木に触ってふとこんな事を思ってしまいました。動物だって植物だって、命の営みがあれば必ず熱が発生するものなのではないか、と、、、。(2017年冬詠)

「樹には樹の熱あり冬の来たりけり」への2件のフィードバック

  1. 春が来る頃の雪が残る山の中、木の周りから解けて来るね。
    あれを何と言ったっけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です