夏暁の水使ふ音刻む音

幼い日の記憶をたどれば、夏の朝と言えばこれに尽きると思っています。刻むのはもちろん胡瓜、子気味好い音が今も記憶の奥から聞えてきます、、、。(2018年夏詠)

「夏暁の水使ふ音刻む音」への2件のフィードバック

  1. まな板の包丁の音でしたか。
    時計の音かと思いました。
    実家の柱時計、夜中にボーンボーンと鳴っていたな。
    コチコチと鳴る音も眠れぬ夜には気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です