杣道の細りし濡れし山紫陽花

へんな言い方ですが本当に山に生えている山紫陽花、色も淡く花数も少なく、質素な山紫陽花も好いですね。掲句、ポツンと一軒家に出て来そうな山道で、、、。(2018年夏詠)

「杣道の細りし濡れし山紫陽花」への2件のフィードバック

  1. 杣道へはどうやって行ったのですか?
    昔、松山時代にお客さんを乗せて釣りに行った時の事、国道から脇道に入って釣り場へと降りて行くのですが、その道の狭い事狭い事、途中で対向車が有ったらどうしようと心配しつつ降りて行きました。
    幸い夜遅い時間だったので何事も無く釣り場まで降りる事が出来ました。
    釣れたのは木端グレばかり、あのグレはどうしたのかな?
    記憶に有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です