門川の涸れて積もりし柿落葉

裏の用水路、農業用だから冬は水の必要がなく、涸れてしまいます。傍にある柿の木の落葉が、風に寄せられて、うまい具合に用水路の中に積もっています。年末までには一度掃除しようかな。柿の実はまだたくさん残っています。もう何度か霜に当たって真っ赤です。これも年末までには何とか整理したいな。と、したい事だらけで、時間だけが過ぎて行きます、、、。(2018年冬詠)

「門川の涸れて積もりし柿落葉」への2件のフィードバック

  1. えー!柿の実が残っているとはもったいない。
    甘柿だろうと思います、熟す前の堅いうちに食べたいです。
    渋柿なら干すか熟すのを待って柔らかくなって食べる選択肢も有るけれど、甘柿は堅いうちがいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です