きらめける昨夜の雨粒冬木の芽

大きな芽、小さな芽、春に向けて少しずつ育っています。雨上がりの朝を歩くとその芽が雨粒を溜めて輝いて見えます。命の輝きです、、、。(2018年冬詠)

「きらめける昨夜の雨粒冬木の芽」への4件のフィードバック

  1. 命の輝きですか、さすがの観察眼ですね。
    朝ランで木々の芽が膨らんでだんだん色付いて来る様を見るのもこれからの楽しみの一つです。

      1. 朝ラン復活は3月かな?
        それまでは気温と相談、週休二日だからなかなか走る事にならない。
        それが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です