葉桜の一樹を芯に鳶の空

花の咲いた時季にもその上に鳶の円を描き舞う空があった。時が移り若葉となったその木の上にまた鳶が同じように円を描いている。花時の華やかさはないが、緑に包まれた木には落ち付きと風格さえ感じられる。鳶は、相変らず同じようにのんびりとして見える、、、。(2019年夏詠)

「葉桜の一樹を芯に鳶の空」への2件のフィードバック

  1. 故郷の川で見る鳥というと鴉と鳶だったけれど、今太田川で見かけるのは白鷺と川鵜が主で鳶を見かけません。
    大空をゆっくり旋回する姿はどこへ行ったのだろう?
    もっと上流が主なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です