群なして空行く雀里の秋

農家の人も昔ほど雀を気にしないようです。鳥威しも案山子もほとんど見かけませんし、今年は威銃の音もまだ聞いていません。雀の害なんて、かかる手間に比べると小さな物なのかも知れません。それにしても集団で移動する雀の姿は壮観です、、、。(2019年秋詠)

「群なして空行く雀里の秋」への2件のフィードバック

  1. 公益財団法人、山階(やましな)鳥類研究所の調査によると、1987年から2008年までのおよそ20年間でスズメの個体数は6割も減っていることがわかった。

    との事です。
    昔ほど見かけないとは思っていましたが、6割も減っているとは驚きです。
    2020年の今、さらに減っているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です