鳥鳴いて鳥が応ふる梅雨晴間

吉備津神社の裏山に「あじさい園」がある。急な斜面にたくさんの紫陽花が植えられており、紫陽花を見ながら細い山道を登るのだが、これが結構しんどい。登りきったところに岩山宮という小さな社がありベンチが置いてある。ここに腰を下ろして下界を見下ろしていると鳥の声がする。四十雀だろうか、山の上のほうで声がすると、それに応えるように下のほうからも声がする。これが何度も何度も繰り返されるのである。(2008年夏詠)

「鳥鳴いて鳥が応ふる梅雨晴間」への2件のフィードバック

  1. 田んぼでにぎやかに鳴く蛙ですが、まるで誰かが指揮でもしているのかのように全員が一斉に鳴くことを止めて静かになる事が有ります。
    真相はどこに有るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です