猪垣をまたいで山の人となる

村中を囲むように延々とトタン板の猪垣がめぐらせてある。私が子どもの頃も猪の被害はあったが、今のように猪が民家の傍にまで出てくることはなかった。人が減り、捨て畑や休耕田が増える事で人間のテリトリーが狭まって行き、ついには自ら垣の中で暮すことになってしまった。その一因はお前にもあるのだと、白く光る猪垣は私の行手を阻んでいるように見えた。(2009年秋詠)

「猪垣をまたいで山の人となる」への1件のフィードバック

  1. 田舎で暮らしていた時は猪を見た事は無く、たまに頂き物の肉を食べる位でした。
    二年位前だったか、堤防を走ろうと出かけた時に堤防の下から階段を登ろうとする動物に出くわしました。犬かな?と思ったらなんと猪でした。
    私を見た猪は階段を登るのを止めてそのまま上流方向に走って消えて行きました。
    その日の夕方のニュースで私が見た場所からはるか上流の公園で猪が捕まったと伝えていました。多分同じ猪だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です