冬ざれや鉄扉肩にて押し開く

人の少ない、ただっ広い工場は寒い。覚悟を決めて防寒着を羽織る。事務所を出ると薄暗い廊下が待っている。やたらと長細い工場の、これまたやたらと長細い廊下、はるか向こうに非常口の明りが見える。廊下を歩く間に防寒着の前を留め、手袋を嵌める。安全靴が重い。屋外への古い鉄扉はやたらと重く、冷たい。手袋を嵌めた手に、その冷たさを感じながらノブを回し、肩の力で思い切り押し開く。途端に北風が入ってくる、、、。(2010年冬詠)

「冬ざれや鉄扉肩にて押し開く」への2件のフィードバック

  1. 牛二さんは机を前にして働いておられたのかと思いきや安全靴を履いて工場へ行く事も有ったのですね。
    この時は何かの指導か点検だったのでしょうか?

    1. フォークリフトの免許も持っていますよ。
      何でも屋です。
      この時はたぶんトラックの荷おろしか何か、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です