縁側の嫁入道具福寿草

二月になりました。古い句稿を見ていると掲句がありました。たぶん遠い記憶の中の景なのでしょう。あるいは山口百恵の歌を聞いていて作った句なのかも知れない、、、。(2002年冬詠)

「縁側の嫁入道具福寿草」への1件のフィードバック

  1. 百恵ちゃんというと青春の頃の懐かしい名前ですね。
    『♪あーなたがのぞむなら・・・』なんて意味深な歌詞の歌を歌う若い歌手が出てきた時を思い出します。
    三白眼なんて言葉を覚えたのもこの時だったか?
    三浦友和と共演の映画も見に行きました。
    絶頂期にスパッと引退してその後は一切芸能界とは縁を切った潔さも百恵ちゃんならではと思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です