ラグビーのホーン高らかかつ無情

ラグビーも最近はタイムキーパー制で行われる試合が多くなりました。賛否はありますが、その昔ラガーメンであった私としては、試合をする場合はノーサイドとなるまで必死だから、どちらでも関係ないだろうと思います。中立の立場で見ていると、高らかに鳴るホーンが勝敗を際立たせて、ある意味面白いですね。ある意味無情、、、。懐かしい、、、。(2013年冬詠)

「ラグビーのホーン高らかかつ無情」への2件のフィードバック

    1. 例えば怪我人が出たとかでしばらくゲームが止まった場合に、昔だとレフェリーが判断してそのロスタイム分を延長していたのですが、その時間の管理をする人を別に置くのがタイムキーパー制です。
      大きいゲームだと時間の経過表示設備がありますから、観客にも残り時間が明確にわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です