鉄橋を渡る一両夕時雨

また時雨です。先日の小夜時雨と違って、まだ夕日の残っている頃、雨足がキラキラと輝いて見える中を、電車がコトコトと鉄橋を渡って行きます、、、。(2014年冬詠)

「鉄橋を渡る一両夕時雨」への4件のフィードバック

  1. 蒸気機関車が走っていた伯備線、いつも汽車と呼んでいました。
    ディーゼル機関車になってもやはり汽車、電車は岡山市内を走るものくらいしか縁が無かったです。
    山手線の新型電車がどうもトラブル続きの様です、鳴り物入りでデビューしたのにどうした事でしょう?

    1. 反対にディーゼルでも電車と言ったほうが分かりやすい場合もありますね。
      一両だけの汽車は無いか、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です