火襷の備前平鉢雪起し

いやあ、降りましたね。県北(の平野部)は久しぶりの大雪になりました。寒波もすぐには抜けないようなので、しばらくは湿った日々が続きます、、、。掲句も古い句で、雷も記憶に残らないような、たぶん可愛いものだったのでしょう。ですが、冬の雷は落ちると怖いそうですよ。家じゅうの電化製品が壊れたと聞いたことがあります、、、。(2003年冬詠)

「火襷の備前平鉢雪起し」への2件のフィードバック

  1. 備前の平鉢とは立派な物をお持ちなのですね。
    私は、大阪に住んでいた頃だから20年以上昔から使って来た備前焼のお猪口が欠けてしまいました。
    徳利・片口と同じ作家の物が揃って愛用していたので少々残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。