少年の自画像青し夏来る

機会が少ないので何かしら見つけては入ってみる絵画展。外の暑さから逃れられるのもその目的の一つだから、内容の良し悪しはあまり気にしない。いつもの通りサラリと流していると、この自画像の前で足が止まった。作者の年齢は書かれていないが、描かれている顔は高校生ぐらい、基調となっている沈んだ青の色が、ある時期の青春そのものという感じがして、良い画だと思った、、、。(2016年夏詠)

「少年の自画像青し夏来る」への2件のフィードバック

  1. 外の暑さから逃れる手段として入った絵画展で好みの絵と出会えて良かったですね。
    青春の青、いつまでも心だけはそのように有りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です