網戸して路地へつつぬけ厨事

狭い路地に面して台所があり、勝手口がある。網戸をしようがすまいが、筒抜けと言えば筒抜けなんだが、、、。このお宅、いつも濃厚な美味しそうな匂いが食欲を誘い、娘や孫娘の体型からもその味の良さが想像できた。ご主人はいつも赤ら顔で、いかにも酒が強そう。夏にはステテコ姿で、家の前を流れる用水を汲み、そこらじゅうに打ち水をされている。怖そうなので、会釈だけで通り過ぎることにしていた。(2011年夏詠)

「網戸して路地へつつぬけ厨事」への2件のフィードバック

  1. 今朝ジョギングをしていると堤防の下でゴールデンリトリバーがじっと立っています。
    飼い主は一人先を歩いているのでてっきり止まって待つ訓練かと思ったけど、単に老犬の為に疲れてじっとしていたようです。
    その内座り込んでしまい、飼い主が呼んでも立ち上がりません。
    毎日の散歩も大変な一仕事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です