放り込む口へ桜桃五六粒

いい色に熟れています。小粒ですが味は最高。二度ほど収穫したら後はそのまま、鳥と分け合います。通りがかりに手を伸ばし口に五六粒を放り込んで味わうそのジューシーなこと、、、。(2020年夏詠)

「放り込む口へ桜桃五六粒」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です