人住みし跡か泰山木の花

昨日に続き429号線沿いの風景。山裾の半ば林と化した所に雑木に混じって白い花を付けた泰山木が見える。何でこんな所に?と思いその周囲を眺めると、もとは庭木と思える姿の木が何本か混じっている。どうやら完全に消滅した民家の跡らしかった、、、。(2020年夏詠)

「人住みし跡か泰山木の花」への4件のフィードバック

  1. その昔、野山を切り開き土地を作って生活されたのでしょう。
    そんな場所がまた昔の林に戻って行くのですね。
    白い花は何を思っているのでしょう?

  2. 泰山木を眺めながら思いを巡らせている作者の様子が見えるようです。
    句またがりも効いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です