鳥葬の亀のぬけがら晩夏光

産卵の為に亀が川土手を上り道路に出て来る。運が良ければ道路を渡り切れるが元々動きが遅い亀、車の犠牲になるものも多い。食物連鎖でその轢死の亀を烏がつつく。最終的に残るのは亀の抜け殻、すなわち割れた甲羅だけ、、、。(2020年夏詠)

「鳥葬の亀のぬけがら晩夏光」への2件のフィードバック

  1. 蛇がいたり亀がいたり自然が近いですね。
    こちらの堤防を走っていて見つけたのは、最近では瀕死のバッタです。
    そういえば赤い爪の蟹はどうしているのかな?
    そらそろ見かけてもいい季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です