走る走る刃逃れた羽抜鶏

昔、田舎では家々に鶏小屋があって鶏が飼われていました。雛から育てて卵をとり、最終的には衰えた鶏から肉になります。選ばれやすいのが羽抜鶏でしょう。実際に見たことはありませんが、首を切られた鶏が走って逃げる話はよく聞かされたものです。掲句はそんな話を思い出して「走」の題詠で詠んだ句、可哀そうなので切られる前に逃がしてやりました、、、。(2020年夏詠)

「走る走る刃逃れた羽抜鶏」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃は実家でも鶏を飼っていました。
    近所でもそんな家があったのでしょう、河原で鶏を始末する様子や、捨てられた羽を見かける事もありました。
    首を刎ねて逆さに吊るして血を抜くのも見た記憶があります。
    そんな鶏が走って逃げる、さて本当に見たのか噂で聞いただけだったのか定かではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です