知らぬ間に日差傾く春炬燵

なかなか抜け出せないのが春炬燵、暑いと思いつつ入っているのだから始末が悪い。テレビなんぞ見ているとつい時間が経ってしまいます。傾いた夕日がちょうど座っている位置の側頭部ぐらいにじんわりと当たってくるのです。外を見ると真っ赤な夕日、まるで炬燵に入っているのを責められているような気分になります、、、。(2021年春詠)

「知らぬ間に日差傾く春炬燵」への2件のフィードバック

  1. 日の光が差し込む暖かい部屋なのですね。
    我が家は軒先が長く、南西には隣の家が在るから日の光が差し込む時間が短いのでなかなか室温が上がりません。
    夏場は涼しくて、良いんだけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。