川音ではかる水量秋出水

家ニ軒と土手を挟んで吉井川という場所に住んでいる。土手があるので、二階からも水面までは見えない。大丈夫と思いつつも、大雨の時は水量が気になる。傘をさして見に行くことはあるが、それも叶わないほどの降りの時や夜間には、水音で判断する。だんだんと激しさを増してくる水音は不気味だが、どうすることも出来ず、開き直ってテレビでも見ているほかはない。(2011年秋詠)

「川音ではかる水量秋出水」への2件のフィードバック

  1. 台風の被害者の中に、決まって水の量を見に行った老人が居ます。
    そんな老人に成らない為には家でTVがいいですね。

    1. 川には魔力のようなものがありますね。
      特に出水の時には、見ていても引きこまれそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です