少年のことごとく打つ曼珠沙華

初心の頃の作。徒歩通勤の途中の畦道に咲いていた彼岸花が、ある朝ことごとく折られその場に散乱していた。少年の頃の自分も同じようなことをした記憶がある。すっと立った彼岸花は折れやすく、折れると少し苦いような匂いがした。少年のストレス解消には絶好の材料だった。大人からは毒があるから触るなと言われ、墓地に多く咲く花に、けっして良いイメージなど持てなかった。そんな彼岸花を美しく思えるようになったのは俳句を始めてからのことだ。(1998年秋詠)

「少年のことごとく打つ曼珠沙華」への1件のフィードバック

  1. 折れた茎から出て来る白い液がいかにもかぶれそうな雰囲気で近寄りがたい印象でした。
    所々に固まって生えて来るのでその下に死体が埋まっているなんて言ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です