冬終へる毎日違ふ雲を見て

四国での二ヶ月間には沢山の句を詠みました。もっと書けば良いのですが、少し魂胆があってここには既発表の句を中心に書きました。これで一先ず終りにしますが、また来年あたりに書くと思いますが、、、。最後の日はこっそりと帰ろうと、一人一人に挨拶をして周ったのですが、そうは行きませんでした。皆さんに集まっていただき、抱えきれないような花束まで頂きました。四国の皆さんにも、そのためにわざわざ本社から来ていただいたH課長にも、そして何より津山で私を支えていただいた皆さんに、心からお礼申し上げます。<阿南8>(2011年冬詠)

「冬終へる毎日違ふ雲を見て」への2件のフィードバック

  1. もうすぐ立春、確かに日が長くなって来ました。
    昨日は13度と春の気温になったけれどこのまま冬が終わるはずは無いのでまだまだ寒い日が続く事でしょう。
    阿南での思い出、花の香りと共に思い出しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です