朝日受く寒雲仏とも見えて

だいぶ日の出が早くなってきて、散歩の時刻にちょうど赤く染まった雲が見えるようになった。太陽はまだ山の向こうで、山は暗く、その上空だけが輝いている。そんな中で赤く染まった雲が、まるで仏像のように見えることがある。輝いた空がちょうど光背のようになり、なんとも神々しい姿に見えるのである。(2012年冬詠)

「朝日受く寒雲仏とも見えて」への2件のフィードバック

  1. 雲の形はいろいろに変化して面白いですね。
    同じ形でも感じ方は人それぞれ、寒雲が仏に見えたのは牛二さんの心が仏を欲したのか、それとも気持ちが仏に近づいたのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です