羽音して鳩の一群夏の暁

今日から七月、梅雨明までもう少しだろうか、、、。涼しいうちを狙って散歩に出た梅雨明の早朝、右に吉井川の河川敷、左に青田が広がる土手の上には朝の冷気が溢れていた。途中に砕石場があり、運び込まれた土砂が山になっている。夏草に覆われたその山陰から突然力強い羽音がして鳩の群が現れた。群は三十羽ぐらいはいただろうか、羽音を響かせ、頭上を越えたあたりで大きく円を描き、そのまま青田のかなたへ消えて行った。ほんの僅かな間の出来事だったが、夏の朝を感じる出来事だった、、、。(2003年夏詠)

「羽音して鳩の一群夏の暁」への2件のフィードバック

  1. 松山時代の会社の近くの中央分離帯には大きな木が育っていました。
    夕方巣に帰ってくる鳥の大群で大きな羽音がしていた事を思い出します。
    あれは何という鳥だったのでしょう?

    元に戻った様ですね。慣れているせいも有りますが、文字の大きさ文字切れが無い分こちらの方が使い易いです。

    1. 2010年版に戻しました。
      こちらのほうが安定していますね。
      街中で群れているのはムクドリではないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です