急カーブ突然秋の海がある

八月も終りに近づくと、いつも焦燥感にとらわれていた。何がやりたかった訳でもない。やらなければならない事があった訳でもない。なのに、焦燥感にとらわれてどうしようもなかった。そんな日々に終止符を打ち、覚悟を決めて夏合宿に出かけるのがこの頃であった、、、。掲句とは何の関係もありません、、、。(1999年秋詠)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です