秋の蚊を打つてわが血が掌に

コガタアカイエカでは無く、たっぷりと血を吸った大きなヤブカ、膨れた腹のあたりが赤く透けて見え、飛ぶのもやっとという姿。それをパーンと小気味良い音をさせて打つと、開いた掌に血の跡がべっとり。これが血の色だったか、、、と、久しぶりに自分の血を見た瞬間だった、、、。上手く蚊が打てたのも久しぶりだったような、、、。(2011年秋詠)

「秋の蚊を打つてわが血が掌に」への2件のフィードバック

  1. どういう事なのか良く分かりませんが、自宅の部屋では蚊取り線香やベープマット等はもちろん、蚊帳も使わないけれどほとんど蚊にやられる事が有りません。
    でもその分畑で毎日の様に刺されています。

    1. 最近の家は蚊やハエにとっては住み難いのでしょうね。
      数も減ったように思います。
      代わりに、気候の温暖化でマラリア蚊なんかが出てきたら面倒だなあ、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です