万両や狐住むてふ宮の杜

近所の小さな神社、確かに狐は住んでいるらしい。が、神社でその姿を見たことはない。本殿裏にいくつか並んだ末社の端っこにあるお稲荷さんには、小さな陶器製の赤い口の狐が鋭い眼光でこちらを見ているが、まさかこの狐が夜になると姿を変えて出歩くなんていうこともないだろう。とすれば、周囲の竹薮のどこかに巣穴でもあって、その中からこちらを伺っているのだろうか。と思いながら見渡す竹藪のあちこちに、自生した万両が赤い実を見せている、、、。(2012年冬詠)

「万両や狐住むてふ宮の杜」への2件のフィードバック

  1. 宇和島のホテルの庭にはタヌキの親子が顔を見せていました。
    狐が身近に居るとは自然が近いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です