中州へと渡るすべなしきぎす鳴く

川は毎年少しずつ流れを変える。近くの吉井川も十何年か前の大水の時に、リセットされたように一度きれいになったが、その時に出来た細い流れが今では飛び越せない幅になり、淵まで形成して水鳥たちの格好の遊び場になっている。その向うに広がった中州は大きな柳の木までが成長し、ちょっとしたジャングルのようになり、四季折々の鳥の声が聞こえてくる。この頃は雉の声が、そろそろ恋の季節なのだろう、時折間の抜けたように聞こえてくる、、、。(2012年春詠)

「中州へと渡るすべなしきぎす鳴く」への2件のフィードバック

  1. またまた新語です。
    きぎすとは雉の事なのですか?
    どうしてそう呼ぶのでしょう?

    1. はい「雉子」雉の古名とのことです。
      三文字欲しいときに使いますが、なんとなく古臭い名前が遠くで鳴く声によく合っていて好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です